• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 50音順 』 内のFAQ

748件中 1 - 10 件を表示

1 / 75ページ
  • サイクリック伝送

    データリンクにおいて、同一ネットワーク内の局間で、定期的にデータ交信をする機能。

    • No:15185
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ダイナミックブレーキ

    ●停電時や非常停止(EMG信号)などの保護回路が動作した時、サーボモータの端子間を抵抗器を介して短絡し、回転エネルギーを熱消費させて速やかに停止させるブレーキ機能。 ●電磁ブレーキより大きなブレーキトルクが得られる。 ●ただし、停止時の保持トルクはないのでメカブレーキをかけて保持させることが必要。

    • No:15262
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ゲイン

    ●2個の値が比例関係にあるとき、その比を変えること。 ●A/D変換ユニットでは、ディジタル出力値が1000になるアナログ入力値(電圧または電流)。 ●電流入力で4〜20mA特性とはオフセットが4mA,ゲインが20mAである。 ●D/A変換ユニットでは、ディジタル入力が1000のときアナログ出力する値(電圧ま...

    • No:15158
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アナンシェータ

    ●異常・故障検出用のプログラムに使用すると便利な内部リレー。 ●故障番号。MELSECではリレーFで表わす。 ●リレーFがONすると、その番号が特殊レジスタに格納される点がほかのリレーと違う。またリセットはリセット命令RSTにより行う。

    • No:15081
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 溜りパルス

    ●機械には慣性(GD2)があるため、位置決めユニットの速度指令をそのまま出すと機械が遅れて追従できない。そこでサーボモータの場合は、速度指令のパルスを偏差カウンタに溜めておいて遅らせる方法をとる。その溜められたパルス。 ●停止するときには偏差カウンタが全部吐き出して0になる。 ●正確にはフィードパルスとフィー...

    • No:15270
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ディレーティング

    ●部品の定格電圧あるいは電流の余裕をとって使用すること。 ●たとえばAC24OV2A定格出力をAC2O0VO.5Aの負荷に使用することによって故障率を下げ、寿命が長くなることを期待する。 ●とくに突入電流の大きい誘導負荷、あるいは高温状態で使用するときなど。

    • No:15286
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • トランジェント伝送

    データリンクにおいて、自局のプログラムの読出し/書込み命令により、他局に対してデータの読み出し、書き込みをしたり、周辺機器によって他局と交信する機能。

    • No:15317
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 脱調

    ●ステッピングモータはパルス数(周波数)に比例して回転するが、モータにかかる負荷が太さすぎるとそれに負けて回転がずれてしまう。これが脱調であり、モータをトルクの大きいものにする必要がある。 ●脱調があると位置決め誤差が大となる。

    • No:15267
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ハードワイヤード

    ●配線。 ●リレーやタイマなどのコイル、接点を電線でつないでシーケンスを構成する方法。 ●シーケンサを使えばソフトワイヤードが多くハードワイヤードは少なくすることができる。 ●ソフトワイヤードとは、シーケンサのプログラムのように実際に配線しない接続。

    • No:15336
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 定格出力(kW)

    モータが指定された条件下で安全に運転できる最大出力。 単位はW:ワットまたはkW:キロワットで表す。

    • No:18890
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:

748件中 1 - 10 件を表示