• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 か行 』 内のFAQ

102件中 1 - 10 件を表示

1 / 11ページ
  • ゲイン

    ●2個の値が比例関係にあるとき、その比を変えること。 ●A/D変換ユニットでは、ディジタル出力値が1000になるアナログ入力値(電圧または電流)。 ●電流入力で4〜20mA特性とはオフセットが4mA,ゲインが20mAである。 ●D/A変換ユニットでは、ディジタル入力が1000のときアナログ出力する値(電圧ま...

    • No:15158
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 回転方向CCW,CW

    回転方向はモータの軸端より見て左回りをCCW、右回りをCWと呼ぶ。 CWはClock Wise、CCWはCounter Clock Wiseの頭文字。 日本は通常CCW。

    • No:18936
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 近点ドグ

    ●原点復帰において原点の前に置くスイッチ。 ●これがONすると送り速度はクリープ速度に切替えられる。 ●そのためONしている時間は,送り速度からクリープ速度まで減速する時間以上が必要である。

    • No:15151
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 回生ブレーキ

    ●通常、モータで機械を動かすときはアンプからモータに電力を供給するが、これに対しモータ減速時や下降荷を駆動する場合のように機械の速度を減速させるときは、モータと機械の持っている回転エネルギーをアンプ側に逃がす(消費する)ことによって、制動力を得る。これを回生ブレーキという。許容回生電力とは、回生ブレーキ動作によっ...

    • No:15131
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • カスケードモード(プロセス制御)

    1次ループの出力値(MV)を2次ループの設定値(SV)として制御する、カスケード制御を行うモードです。また、設定値(SV)を上位の指示値とするような、例えば、他のループとの連動運転時やプログラム設定器と組み合わせて行う場合も本モードを用います。

    • No:15635
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • カスケード制御

    カスケード制御は、1次ループと2次ループの2重ループで構成されます。2次ループに入る外乱をいち早く検出して2次ループで吸収し、プロセスに与える影響を除去して全体の制御性能を上げる制御方式です。一般には2次ループの応答は1次ループの3倍以上速いことが望ましいとされています。

    • No:15636
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • コンスタントスキャン

    スキャンタイムは,シーケンスプログラムで使用している命令の実行/非実行により処理時間が異なるため,毎スキャン同一ではなく変化します。コンスタントスキャンは,スキャンタイムを一定時間に保ちながらシーケンスプログラムを繰返し実行させる機能です。 ・コンスタントスキャンの用途 I/O リフレッシュは,シーケンスプログラ...

    • No:15651
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 外扇ファン

    モータの冷却のため、回転軸に取り付けられたファン。

    • No:18939
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 計装フロー図

    配管、検出器、操作端、調節計等を記号で表示した制御系の全体を表した図です。

    • No:15646
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 回生抵抗器

    ●回生ブレーキに使用する抵抗器。 ●回生エネルギを熱として消費する。

    • No:15129
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

102件中 1 - 10 件を表示