• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 あ行 』 内のFAQ

100件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • アナンシェータ

    ●異常・故障検出用のプログラムに使用すると便利な内部リレー。 ●故障番号。MELSECではリレーFで表わす。 ●リレーFがONすると、その番号が特殊レジスタに格納される点がほかのリレーと違う。またリセットはリセット命令RSTにより行う。

    • No:15081
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • インテリジェントデバイス局

    マスタ局に,ビット単位の入出力信号とワード単位の入出力データをサイクリック伝送する局です。トランジェント伝送も可能です。他局からのトランジェント伝送(要求)に対して応答を返します。また,他局へトランジェント伝送(要求)を発行します。

    • No:15614
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • インテリジェント機能ユニット

    A/D,D/A 変換ユニットなど,入出力以外の機能を持つMELSEC-Q/L シリーズのユニットです。

    • No:15615
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • インポジション信号

    ●溜まりパルス数がインポジション範囲の設定値以下になったとき、サーボアンプは位置決め動作が完了したと判断し出力する信号(INP)。 ●位置決め完了の予告あるいは範囲内にある信号として使う。

    • No:15107
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • インテリジェント機能ユニットデバイス

    基本ベースユニットおよび増設ベースユニットに装着されているインテリジェント機能ユニットのバッファメモリにCPU ユニットから直接アクセスするデバイスです。 例:U0\G20480 (先頭I/O番号0000hのユニットのバッファメモリアドレス20480(5000h) にアクセスする場合)

    • No:15616
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • エアーパージ(AIR PURGE)

    装置内をエアーで加圧します。

    • No:18811
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • 位置制御ゲイン

    ●位置決めにおいて偏差カウンタの溜りパルスに対する指令パルス周波数の比。 ●停止精度を向上させるときはゲインを上げるが、上げすぎるとオーバーシュート(行きすぎ)となり不安定になる。 ●下げすぎると停止は滑らかになるが,停止誤差が大きくなる。

    • No:15099
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アキュームレータ

    ●データレジスタの一種。一般的には、シーケンサCPUが優先的に使うので、普段意識する必要はないが,特定の命令で意識しなければならない。 ●A0,A1の2個があり16ピットのときはA0へ入り,32ビットでは下位ワードがA0、上位ワードがA1へ入る。 ●アキュームレータを使う命令をプログラムで何回も実行させるとき...

    • No:15071
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アブソリュート方式

    ●位置決めのアドレスの表し方の一つ。 ●0を基準にして、そこからの距離を表わす絶対番地方式。 ●位置決めの方向は指定しなくても自動的に決まる。 ●これに対してインクリメント方式がある。

    • No:15083
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • エッジリレー

    回路ブロックの先頭からの接点のON/OFF 情報を記憶するデバイスです。接点でのみ使用できます。(コイルとしての使用はできません。) ・エッジリレーの用途 エッジリレーは,インデックス修飾を使用したプログラムで,立上り(OFF → ON)検出を行って実行させる場合に使用します。

    • No:15622
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

100件中 1 - 10 件を表示