• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 あ 』 内のFAQ

28件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • アナンシェータ

    ●異常・故障検出用のプログラムに使用すると便利な内部リレー。 ●故障番号。MELSECではリレーFで表わす。 ●リレーFがONすると、その番号が特殊レジスタに格納される点がほかのリレーと違う。またリセットはリセット命令RSTにより行う。

    • No:15081
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アキュームレータ

    ●データレジスタの一種。一般的には、シーケンサCPUが優先的に使うので、普段意識する必要はないが,特定の命令で意識しなければならない。 ●A0,A1の2個があり16ピットのときはA0へ入り,32ビットでは下位ワードがA0、上位ワードがA1へ入る。 ●アキュームレータを使う命令をプログラムで何回も実行させるとき...

    • No:15071
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アブソリュート方式

    ●位置決めのアドレスの表し方の一つ。 ●0を基準にして、そこからの距離を表わす絶対番地方式。 ●位置決めの方向は指定しなくても自動的に決まる。 ●これに対してインクリメント方式がある。

    • No:15083
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アブソリュートエンコーダ

    ●モータ1回転内の角度データを外部に出力できるようにした検出器で、360度を8192〜262144ピットで取り出せるものが一般的。 ●インクリメンタルエンコーダは停電したとき軸の位置が不明になる欠点があるが、アブソリュートエンコーダは停電しても軸の位置が失われない。

    • No:15082
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アラーム レベル

    タグアラームのアラーム項目の重要度に対するレベルで、重警報,軽警報があります。

    • No:15609
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • アナログ

    ●連続して変化する量。たとえば時間、温度、圧力、電圧、電流、流量など数字(ディジタル値)では扱いにくい値をいう。 ●アナログ値はシーケンサCPUで直接扱えないので、ディジタル値に変換して演算する。これをA/D変換という。

    • No:15078
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アクション

    MESインターフェースユニットのジョブ内で定義する処理の単位で,データベースと通信するための「通信アクション」とタグ要素の値を演算するための「演算アクション」があります。 「通信アクション」は,1 つのSQL 文(抽出,更新,挿入,複数抽出,削除)を送信する処理の単位です。 「演算アクション」は,最大20 個の二...

    • No:15605
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 圧力バイアス

    温度圧力補正演算は絶対単位(絶対温度,絶対圧力)で行います。圧力バイアスは、設計圧力・測定圧力を絶対圧力に変換するための補正値です。

    • No:15611
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 安定化電源

    ●直流の定電圧電源装置。 ●交流電源を供給すると一定電圧の直流を出すことができる。 ●MELSECの電源ユニットも安定化電源。

    • No:15085
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • アカウント

    MES インタフェースユニットやサーバ用パソコンを利用できる権利,または利用する際に必要なID を示します。

    • No:15604
    • 公開日時:2012/04/02 11:29

28件中 1 - 10 件を表示