• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 そ 』 内のFAQ

24件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 速度変動率

    モータの駆動において、無負荷時の回転速度と負荷をかけた定格回転速度との差を表す比率です。 以下の計算式で算出します。 速度変動率(%)=(無負荷時回転速度-定格負荷時回転速度)÷定格回転速度×100 この値が小さいほど、負荷をかけても回転速度が変わらず、安定した駆動が可能です。

    • No:18815
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
  • 速度周波数応答

    ●正弦波指令を与えたときにモータが指令に追従できる最大周波数。 ●指令の振幅に対してゲインが-3dbとなる周波数のこと。

    • No:15254
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • ソレノイド

    ●直流あるいは交流の電磁石で、シーケンサの出力側に接続される。 ●コイルであるためOFFしたときサージが発生するので、サージキラーをソレノイドバルブに近接して並列接続するとよい。 ●交流のときは突入電流があるので、出力容量に余裕をとる。 ●機械で押したり、引いたりの動作を行うときの油庄弁、空圧弁をON、OF...

    • No:15258
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • ソース/ディスティネーション

    ソースは演算で使用するデータです。ディスティネーションには,演算後のデータが格納されます。

    • No:15682
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 総合精度

    ●入カに対する出力のばらつき範囲を示す。 ●A/D、D/A変換ユニットとも最大値に対する精度をいう。 ●周囲温度、電圧変動などが許容範囲内にあることを条件とする。 ●A/D変換ユニットA68ADでは入力10Vに対し、出力2000は±1%以内。 ●D/A変換ユニットA62DAでは入力2000に対し、出力10...

    • No:15248
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • ソースロード、ソースタイプ

    ●トランジスタを使ったDC用の入出力形式。 ●ソース入力は、入力がONしたとき入力ユニットへ電源が流れ込む。 ●プラス側がコモン線であるため入力端子が事故でアースしてもONにならない。電圧入力ともいわれ、ヨーロッパに多い。 ●ソース入力は、ソース出力あるいは高信頼性の接点を接続する。

    • No:15247
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 速断ヒューズ

    ●トランジスタおよびトライアックの保護用ヒューズ。 ●半導体素子専用のヒューズで、溶断が早い特性をもっている。

    • No:15253
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • ソリッドステート

    半導体で構成された装置をいい、機械的な消耗部分がない。

    • No:15257
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 操作コイル定格

    操作コイルの定格使用電圧(公称電圧)範囲および周波数(交流操作のとき)を表します。

    • No:18978
    • 公開日時:2015/07/13 09:50
  • ソフトカウンタ

    シーケンサのプログラムで構成されるカウンタ。

    • No:15255
    • 公開日時:2012/03/02 17:12

24件中 1 - 10 件を表示