• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 せ 』 内のFAQ

32件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 静電誘導ノイズ

    ●2本の電線の間には静電容量(浮遊容量)があるので、一方に電圧を加えると他の電線に電圧を発生させる。 ●2本の距離が近い程、また電圧がノイズのように高い周波数ほど発生する度合が大きい。 ●これを防くには、電線をできるだけ離す(太さの40倍以上)か、電線をシールドするとよい。 ●普通はシールドケーブルを使用し...

    • No:15233
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 制御モード(プロセス制御)

    マニュアル(MANUAL,MAN,M)、オート(AUTO,AUT,A)、カスケード(CASCADE,CAS,C)等の制御モードを変更する切替スイッチです。通常時はCASからMAN、及びMANからCASへの切替はAUTO経由となります。ストップアラーム時はCASからMANに自動的に移行します。運転モードという場合も...

    • No:15676
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 零点信号

    エンコーダの軸1回転につき1個発生するパルス。

    • No:15244
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 制御周期

    制御動作の周期。連続制御機能ブロックにおいて、入力処理などの動作は実行周期毎に起動されますが、PID制御演算は制御周期毎に起動されます(制御周期は実行周期の整数倍です)。制御周期が設定可能な命令には、PID,BPI,IPD,0NF2,ONF3,R,2PIDがあります。 (参考)制御周期(CT)の選定例 PID制...

    • No:15677
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • センターハイト

    モータの据付面から軸中心までの高さ。

    • No:18904
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
  • 絶対位置検出システム

    ●位置決めにおいて、機器の立上げ時に一度原点セットをしておけば、電源をOFFしても機械位置を位置決めユニットやサーボアンプが記憶していて現在位置を保持するシステム。 ●機械ズレが発生しても補正されるため、電源再投入後の原点復帰は必要がない。 ●このシステムの構成には絶対位置検出器付きサーボモータ、絶対位置検出...

    • No:15240
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 積算タイマ

    コイルがONになった時間を積算する方式のタイマ。

    • No:15237
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 正ループ

    ●MELSECNETのループバック用として2重ループのうちの正常時に通信しているループ。 F.LOOPと略称。 ●正ループに異状があるともう一方の副ループを使用する。 ●なお,リンクユニットの光ファイバーケーブルまたは同軸ケーブルのコネクタの名称で,OUTとあるのは正ループ送信を基準とし,INとあるのは正ルー...

    • No:15235
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • ゼロドリフト

    温度によるゼロ点の変動分。

    • No:15674
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 設計圧力

    流量の温度圧力補正において、設計仕様圧力と異なる圧力で流量測定を行った場合、設計仕様圧力での流量に換算するための補正が必要となります。設計圧力とは、この場合の、設計仕様圧力のことです。

    • No:15679
    • 公開日時:2012/04/02 11:29

32件中 1 - 10 件を表示