• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 50音順 』 内のFAQ

748件中 101 - 110 件を表示

11 / 75ページ
  • マスタ局

    ネットワーク全体を制御する局です。すべての局とサイクリック伝送およびトランジェント伝送ができます。

    • No:15737
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 電圧変動率(変圧器)

    電圧変動率(%)=(E2'-E2)/E2×100 E2:定格二次電圧 E2':二次側へ負荷をつなげ、二次電圧が定格二次電圧となるように一次電圧を加える。 その後一次電圧を変えずに負荷を取り去った時の二次電圧 実際には負荷をかけたり、外したりして電圧を測定することは難しいため、次式で計算します。 電圧変動...

    • No:18756
    • 公開日時:2015/06/15 09:40
    • カテゴリー:
  • ワード (word)

    情報量の単位。よく用いられる用法には大きく分けて、「2バイト」「OSの定める標準サイズ」「1アドレスのデータ量」の三種類が存在する。2バイトを表す単位として用いられる場合には、4バイトを「ダブルワード」ともいう。WindowsのAPIで定義されているWORD型、DWORD型の名前はこの意味から来ている。

    • No:15448
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 正ループ

    ●MELSECNETのループバック用として2重ループのうちの正常時に通信しているループ。 F.LOOPと略称。 ●正ループに異状があるともう一方の副ループを使用する。 ●なお,リンクユニットの光ファイバーケーブルまたは同軸ケーブルのコネクタの名称で,OUTとあるのは正ループ送信を基準とし,INとあるのは正ルー...

    • No:15235
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 絶対位置検出システム

    ●位置決めにおいて、機器の立上げ時に一度原点セットをしておけば、電源をOFFしても機械位置を位置決めユニットやサーボアンプが記憶していて現在位置を保持するシステム。 ●機械ズレが発生しても補正されるため、電源再投入後の原点復帰は必要がない。 ●このシステムの構成には絶対位置検出器付きサーボモータ、絶対位置検出...

    • No:15240
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アブソリュートエンコーダ

    ●モータ1回転内の角度データを外部に出力できるようにした検出器で、360度を8192〜262144ピットで取り出せるものが一般的。 ●インクリメンタルエンコーダは停電したとき軸の位置が不明になる欠点があるが、アブソリュートエンコーダは停電しても軸の位置が失われない。

    • No:15082
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 入出力占有点数

    ●MELSECにおいては、ユニットをベースに配置すると自動的に入出力番号を占有する。 ●入出力ユニットはぞれぞれのもっている入出カ点数分、特殊機能ユニットは規定された点数分が使われる。 ●なお、周辺機器には、特殊機能ユニットを除き、占有点数を無視して割り付けることができる「I/O割付け機能」がある。

    • No:15326
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サーボアンプ

    シーケンサや位置決めユニット、モーションコントローラなどの上位装置からの指令どおりにサーボモータを回転させるための制御装置。

    • No:15181
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • リモート入力(RX)

    スレーブ局からマスタ局にビット単位で入力される情報です。

    • No:15752
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • エンコーダ

    ●入力されたデータをON、OFFに2進化する装置。パルスジェネレータなど。 ●サーボモータに取り付けられている、モータ軸回転角度や回転速度を検出するセンサ。検出器ともいう。アブソリュート方式、インクリメンタル方式がある。

    • No:15112
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

748件中 101 - 110 件を表示