• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 50音順 』 内のFAQ

748件中 121 - 130 件を表示

13 / 75ページ
  • ジョグ送り

    手動で動作を行います。

    • No:18810
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • 基準エネルギー消費効率

    エネルギー消費効率の基準値。その年度に生産された製品が加重平均で守らなければいけない基準値。

    • No:18751
    • 公開日時:2015/06/15 09:40
    • カテゴリー:
  • ボーレート

    ●通信速度で1秒間に伝送されるビット数を(BPS)ボーといい、普通これをボーレートと呼ぶ。 ●ただし厳密には変調速度のことをボーといいビット数とは相違する。 ●すなわち搬送波1つに1ビット以上の情報を乗せると同一数にならない ●たとえば搬送波1つに2ビット乗せるとすればボーレートはビットの1/2になる。

    • No:15386
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • フィードバックパルス

    自動制御で指令を与えてその指令どおり動いたかを確認するために戻すパルス列。

    • No:15362
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • パワーレート

    サーボモータが出しうる出力上昇率。容量が同じモータであれば、パワーレートが大きいほど加減速指令に対する追従性がよい。

    • No:15352
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • クレストファクタ

    電流波高値(ピーク電流)と電流実効値の比で表される値です。 機種選定には電流実効値と併せて電流波高値(ピーク電流)も仕様内であることの確認が必要です。 FW-Sシリーズのクレストファクタは3.0のため、電流波高値(ピーク電流)が電流実効値(定格電流)の300%の負荷にも対応できます。

    • No:18782
    • 公開日時:2015/06/22 10:00
    • カテゴリー:
  • インデックス修飾

    インデックス修飾は,インデックスレジスタを使用した間接アドレス指定です。 インデックスレジスタを使用すると,デバイス番号は(直接指定しているデバイス番号)+(インデックスレジスタの内容)になります。

    • No:15613
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • サンプルPI制御

    無駄時間の大きいプロセスに連続的にPID制御を適用すると、操作量MVの効果を確認しないうちに次々とMVを更新する為、制御周期ごとに制御実行 時間だけPI制御を実行し、あとは出力を一定に保持しておく方法です。

    • No:15657
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • カウント式原点復帰

    ●位置決め制御において3通りある原点復帰方法のひとつ。 ●原点復帰動作中に近点ドグONで減速を開始し、クリープ速度で「近点ドグON後の設定移動量」分移動した後、最初の零点信号位置を原点アドレスとする方式。

    • No:15134
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • デコード

    ●8→256ビットデコードといえば、8本の信号線のデータを256種類に分解すること。 ●数値で示すビット位置をONにする。 ●エンコードの逆操作。

    • No:15288
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

748件中 121 - 130 件を表示