• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 31 - 40 件を表示

4 / 16ページ
  • 常規使用状態

    標準使用状態に同じ。

    • No:18743
    • 公開日時:2015/06/15 09:40
    • カテゴリー:
  • 差動方式

    ●一つの信号を出力する場合、信号と極性の反転した信号を同時に対で出カする方式。 ●高い周波数の伝送が可能、ノイズに強い、などの特長によりパルス列の入出力など高速な信号の伝送に用いられる。 ●一般に発信側をドライバ、受信側をレシーバと呼び、専用ICが使用される。

    • No:15190
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 始動トルク

    定格周波数、定格電圧を印加し、モータの回転子がまさに回転しようとするときに発生する駆動トルク。

    • No:18918
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 実行周期

    IN、PHPL、OUT1などからなるプログラム型POUは、ある一定周期で起動されます。この周期を実行周期といいます。PX Developerでは高速(100ms)、中速(200〜500ms)、低速(500ms〜5000ms)の実行周期が設定できます。なお、PID、BPI等の制御演算周期に関しては、制御周期(CT)...

    • No:15666
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • ストローブ信号

    読み取る信号の前後で同期化とノイズの影響を除くためのパルス信号。

    • No:15226
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 積算タイマ

    コイルがONになった時間を積算する方式のタイマ。

    • No:15237
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サーモスタット

    モータのコイルに直接温度検出素子を埋め込み、温度上昇の異常を検知して焼損保護をする装置。

    • No:18924
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • サービス処理

    プログラミングツールおよび外部機器との交信処理です。

    • No:15656
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 実負荷試験

    効率を測定したい出力を発生している状態の効率を測定する方法。より実機に近い結果が得られる。

    • No:18920
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • ソレノイド

    ●直流あるいは交流の電磁石で、シーケンサの出力側に接続される。 ●コイルであるためOFFしたときサージが発生するので、サージキラーをソレノイドバルブに近接して並列接続するとよい。 ●交流のときは突入電流があるので、出力容量に余裕をとる。 ●機械で押したり、引いたりの動作を行うときの油庄弁、空圧弁をON、OF...

    • No:15258
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

159件中 31 - 40 件を表示