• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 31 - 40 件を表示

4 / 16ページ
  • サーボモータ

    ●指令に対して忠実に回転するモータ。 ●応答性が高く、高速、高精度かつ頻繁な始動、停止ができる。 ●DCとACがあり大容量のものもできる。 ●位置を検出するエンコーダが付属されており、フィードバック制御を行うことが多い。

    • No:15184
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サージ

    ●異常電圧。 ●コイルをOFFした瞬間に発生するような電圧。 ●サージによって半導体素子が破壊されたり、寿命が短くなる。また、ノイズの原因にもなるので、サージキラーで抑制する。

    • No:15178
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 速度変動率

    モータの駆動において、無負荷時の回転速度と負荷をかけた定格回転速度との差を表す比率です。 以下の計算式で算出します。 速度変動率(%)=(無負荷時回転速度-定格負荷時回転速度)÷定格回転速度×100 この値が小さいほど、負荷をかけても回転速度が変わらず、安定した駆動が可能です。

    • No:18815
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • 差動方式

    ●一つの信号を出力する場合、信号と極性の反転した信号を同時に対で出カする方式。 ●高い周波数の伝送が可能、ノイズに強い、などの特長によりパルス列の入出力など高速な信号の伝送に用いられる。 ●一般に発信側をドライバ、受信側をレシーバと呼び、専用ICが使用される。

    • No:15190
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サービス処理

    プログラミングツールおよび外部機器との交信処理です。

    • No:15656
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • ソース/ディスティネーション

    ソースは演算で使用するデータです。ディスティネーションには,演算後のデータが格納されます。

    • No:15682
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 初期磁極検出

    IPMモータやSPMモータ等の磁石モータをセンサレスで制御する際に必要な準備段階として、ロータ位置(磁石位置)を検出する動作です。

    • No:18814
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • 振動階級

    モータ単体の無負荷運転時の振動振幅(μm)に「V-」を付けて表される。

    • No:18912
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • ステップ運転

    シーケンサの演算処理は高速で行われるが、プログラムの実行状態と各デパイスの内容を確認しながら実行できる機能。

    • No:15222
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 自動復列

    データリンクにおいてローカル局あるいはリモートI/0局に異常が発生し解列状態(ループバックなど)になったのち、異常を修復し正常状態に戻せば自動的に復帰することをいう。

    • No:15208
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

159件中 31 - 40 件を表示