• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 61 - 70 件を表示

7 / 16ページ
  • 自動復列

    データリンクにおいてローカル局あるいはリモートI/0局に異常が発生し解列状態(ループバックなど)になったのち、異常を修復し正常状態に戻せば自動的に復帰することをいう。

    • No:15208
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 質量流量計

    流量計の内、流体の質量を計測するものをいいます。流体の温度や圧力が大きく変化する場合、流体の密度が変化するため、体積流量に対し温度圧力補正を行う必要があり、システムとして煩雑となって誤差要因も多いという問題があります。このような場合には、質量流量を測定する方式が望ましく、最近では使用頻度が多くなってきています。質...

    • No:15665
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 総合精度

    ●入カに対する出力のばらつき範囲を示す。 ●A/D、D/A変換ユニットとも最大値に対する精度をいう。 ●周囲温度、電圧変動などが許容範囲内にあることを条件とする。 ●A/D変換ユニットA68ADでは入力10Vに対し、出力2000は±1%以内。 ●D/A変換ユニットA62DAでは入力2000に対し、出力10...

    • No:15248
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ソースロード、ソースタイプ

    ●トランジスタを使ったDC用の入出力形式。 ●ソース入力は、入力がONしたとき入力ユニットへ電源が流れ込む。 ●プラス側がコモン線であるため入力端子が事故でアースしてもONにならない。電圧入力ともいわれ、ヨーロッパに多い。 ●ソース入力は、ソース出力あるいは高信頼性の接点を接続する。

    • No:15247
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 差立て、差立て板

    生産現場での個々の作業者に対して、作業指示を出すこと。昔は、カードに作業指示を書いて、状差しのようなものに差して作業指示をしていた。複数の作業者がいるので、この「状差し」のようなものは、ボード上になっている。このボードを「差立て板」と言う。

    • No:15199
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サンプリングカウンタ機能

    力ウンタ機能選択開始指令の信号が入力されてから、あらかじめ設定されたサンプリング時間の間に入力されたパルス数を力ウントして、バッファメモリに格納する機能。

    • No:15193
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • セミグラフィック

    画面に図などを描くとき、あらかじめ用意されたパターンを使用して描くこと。

    • No:15242
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 全負荷トルクまたは定格トルク

    定格出力発生時の駆動トルク。

    • No:18905
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 測温抵抗体

    ●電気的な温度センサ。 ●白金を使用してその抵抗値が温度によって変化することを利用して、抵抗値を温度に換算する。 ●JISC1604に規定がある。 ●Pt100とは0℃における抵抗が100Ωのもので直流2mA、5mA、10mAのいずれかで使用する。 ●測定温度により各種類が多くある。

    • No:15252
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 最大リンク点数

    MELSECNET、CC-Link IEにおいてリンクできるデバイスの最大点数。

    • No:15189
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

159件中 61 - 70 件を表示