• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 21 - 30 件を表示

3 / 16ページ
  • 絶対位置検出システム

    ●位置決めにおいて、機器の立上げ時に一度原点セットをしておけば、電源をOFFしても機械位置を位置決めユニットやサーボアンプが記憶していて現在位置を保持するシステム。 ●機械ズレが発生しても補正されるため、電源再投入後の原点復帰は必要がない。 ●このシステムの構成には絶対位置検出器付きサーボモータ、絶対位置検出...

    • No:15240
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ゼロドリフト

    温度によるゼロ点の変動分。

    • No:15674
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 速度変動率

    モータの駆動において、無負荷時の回転速度と負荷をかけた定格回転速度との差を表す比率です。 以下の計算式で算出します。 速度変動率(%)=(無負荷時回転速度-定格負荷時回転速度)÷定格回転速度×100 この値が小さいほど、負荷をかけても回転速度が変わらず、安定した駆動が可能です。

    • No:18815
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • サーボアンプ

    シーケンサや位置決めユニット、モーションコントローラなどの上位装置からの指令どおりにサーボモータを回転させるための制御装置。

    • No:15181
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 手動パルサ

    手でハンドルを回すことによってパルスを発生させる装置

    • No:15211
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 常規使用状態

    標準使用状態に同じ。

    • No:18743
    • 公開日時:2015/06/15 09:40
    • カテゴリー:
  • 実負荷試験

    効率を測定したい出力を発生している状態の効率を測定する方法。より実機に近い結果が得られる。

    • No:18920
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 実行周期

    IN、PHPL、OUT1などからなるプログラム型POUは、ある一定周期で起動されます。この周期を実行周期といいます。PX Developerでは高速(100ms)、中速(200〜500ms)、低速(500ms〜5000ms)の実行周期が設定できます。なお、PID、BPI等の制御演算周期に関しては、制御周期(CT)...

    • No:15666
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 差動方式

    ●一つの信号を出力する場合、信号と極性の反転した信号を同時に対で出カする方式。 ●高い周波数の伝送が可能、ノイズに強い、などの特長によりパルス列の入出力など高速な信号の伝送に用いられる。 ●一般に発信側をドライバ、受信側をレシーバと呼び、専用ICが使用される。

    • No:15190
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ソース/ディスティネーション

    ソースは演算で使用するデータです。ディスティネーションには,演算後のデータが格納されます。

    • No:15682
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

159件中 21 - 30 件を表示