• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 アルファベット順 』 内のFAQ

221件中 31 - 40 件を表示

4 / 23ページ
  • PID動作

    P動作、I動作、D動作の組合せにより、測定値PVを早く・正確に設定値SVと同じ値になるように操作量MVを演算し出力する制御。 なお、PIDの3動作を含まない制御の場合、含まれる動作の組合せによりP制御,PI制御と呼ばれます。 PI動作は主に、流量制御、圧力制御、温度制御に用います。PID動作は主に、温度制御に用います。

    • No:15804
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: P
  • CRC

    ●Cyclic Redundancy Check(サイクリック符号方式または巡回冗長検査) ●データを伝送するときの誤りを検出する方式の一つ。 データに特別な処理を加えて誤りを検出するための情報を作り出して、この情報をデータの後につけて送信する。 ●受信側では送信側と同様の処理を行って、同じ情報が得られるかど...

    • No:15471
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: C
  • BCDコード

    ●Binary Coded Decimal(2進化10進数) ●コンピュータ、シーケンサなどはON(1)とOFF(0)の2進数であり、これが人間にわかりにくいので、2進数で10進数を表現した数。 ●人間が扱うディジタルスイッチ、ディジタル表示器はBCDコードが多い。 ●16ビットでは0から9,999、32ビ...

    • No:15458
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: B
  • Lレベル

    ●Lowレベル。 ●入出力の電圧が低い状態。 ●本当ならば0Vであるが、0から5Vを0Vと見なせば0から5VはLレベル。

    • No:15533
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: L
  • CPU共有メモリ

    CPU 共有メモリは、マルチCPU システムの各CPU ユニット間でデータの書込み/読出しを行うために、各CPU ユニットが内部に持っているメモリです。CPU 共有メモリには、下記の5種類があります。・ 自号機動作情報エリア・ システムエリア・ 自動リフレッシュエリア・ ユーザ自由エリア・ マルチCPU 間高速通...

    • No:15778
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: C
  • PTP

    ●Point To Point Control。 ●位置決めをする経路上の通過点が飛び飛びに指定されている制御。

    • No:15560
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: P
  • FB (Function block )

    再利用可能なプログラム部品。内部メモリを持ち,その値と入力に従って演算結果を出力するプログラムを部品化したもの。

    • No:19000
    • 公開日時:2015/07/27 09:40
    • カテゴリー: F
  • RLS 信号 (reverse limit signal)

    位置決め制御可能範囲の下限に設置したリミットスイッチ(b 接点構成とし通常は通電状態)が動作したことを知らせる入力信号。 RLS 信号がOFF(非導通)で位置決め動作が停止となる。

    • No:15809
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: R
  • SFC (sequential function chart)

    機械の自動制御をシーケンサにより順序どおり運転させるためにもっとも適した構造化プログラミング方式。

    • No:15812
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: S
  • CW (Clock Wise)

    時計の針が動くのと同じ回転方向。モータ軸端側からみて時計方向へ回るもの。

    • No:15473
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: C

221件中 31 - 40 件を表示