• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 アルファベット順 』 内のFAQ

221件中 71 - 80 件を表示

8 / 23ページ
  • WITH モード (With mode)

    M コードの出力を位置決め始動時に行うモード。 スタートとともにON となるので,溶接電極に電圧を印加したり,位置決め速度を表示したりできる。ウィズモード。 用語“AFTER モード”の項を参照。

    • No:15821
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: W
  • PPS

    ●Pulse Per Second。1秒当りのパルス数。 ●kppsは1,000パルス/秒(キロpps) ●Mppsは100万パルス/秒(メガpps)

    • No:15559
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: P
  • OPC (OLE for Process Control)

    OPCは、米国OPC Foundationが策定した国際標準のアプリケーション間通信インターフェースの統一規格。OPCを使うと、さまざまなクライアントアプリケーションとシーケンサ等のFA機器を簡単に接続することができ、装置毎に使用するシーケンサメーカが違う場合でも、OPCに準拠したインターフェースでクライアントア...

    • No:15553
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: O
  • FIFO (First In First Out)

    データを格納し、またそこからデータを取り出す方式の1つ。格納された順に取り出されるようにする方法。一番新しく格納されたデータが一番最後に取り出される。キューと呼ばれるデータ構造はこの方式でデータを扱う。

    • No:15510
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: F
  • SRAM

    ●Static Random Access Memory(エスラム) ●RAMメモリの一種で、保持電力が小さい(バッテリバックアップ)のでシーケンサに広く使われる。 ●MELSECのユーザメモリもSRAM。

    • No:15575
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: S
  • a接点

    ●通常は開いていて、操作したとき閉じる接点。 ●b接点とは逆の動作となる。

    • No:15449
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: A
  • P動作

    比例動作。偏差DV(測定値と設定値の差)に比例した操作量を得る動作。

    • No:15807
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: P
  • I動作

    積分動作。偏差DV(測定値と設定値の差)をなくすように連続的に操作量を変化させる動作です。比例動作で生じるオフセットをなくすことができます。偏差が生じてから、積分動作による操作量が比例動作による操作量と等しくなるまでの時間を積分時間Tiといいます。

    • No:15795
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: I
  • DDC(digital display controller)

    調節器の機能をディジタル装置で実現している制御。

    • No:15784
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: D
  • SCADA (Supervisory Control and Data A...

    計測データの制御および監視システムであり、分散監視制御が特長で、これをパソコン上で構築するためのツールがSCADAソフトである。従来、監視制御システムは高価なハードウエアと一体化しており、メンテナンスも煩雑だった。これに対し、SCADAソフトを利用すれば制御項目や監視データ項目を任意に選択可能。画面も自由に設計で...

    • No:15579
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: S

221件中 71 - 80 件を表示