• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 お 』 内のFAQ

28件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • オートロギング

    あらかじめオートロギング設定を書き込んだコンパクトフラッシュカードを,稼動中の高速データロガーユニットに装着して,自動的にロギングを開始する機能です。

    • No:15626
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • オンディレー動作

    入カ信号が0Nになると計時動作を開始し、設定時間経過後に出力信号が出る動作。

    • No:15126
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • オーバル歯車式流量計

    オーバル(楕円)歯車の回転により、流量を測定する容積式流量計です。

    • No:15627
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • オンラインユニット交換

    システムを停止することなくユニット交換が行えます。

    • No:15629
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 温度バイアス

    温度圧力補正演算は絶対単位(絶対温度,絶対圧力)で行います。温度バイアスは、設計温度・測定温度を絶対温度に変換するための補正値です。

    • No:15631
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 折れ線補正

    測定対象の物理量とセンサからの測定入力値が、正比例の関係になっていない場合に使用し、関係の曲線を折れ線で近似し補正します。 プロセスFBのP_FGが相当します。

    • No:15634
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • 温度圧力補正

    オリフィスなどの絞り機構により差圧測定をした流体の条件(温度,圧力)が設計条件と異なる場合,補正が必要になります。 測定値にこの温度圧力補正係数を乗ずることで補正を行います。 なお,オリフィスなどの絞り機構の場合,補正により得られた値は流量の2乗になっているため,開平演算と組み合わせて用います。

    • No:15632
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
  • オフ電圧

    リレーのコイルの電圧を徐々に下げたとき、ONしている接点が復帰(OFF)する電圧。

    • No:15122
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • 送り現在値

    位置決めユニットが出力する移動距離に対応した計算上のパルス数。

    • No:15119
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
  • オートチューニング(プロセス制御)

    プラントを動かして動特性を検出し、PIDの比例ゲイン(Kp)、積分時間(Ti)、微分時間(Td)を自動的に求めることです。2自由度型高機能PIDタグFBでは、ステップ応答法やリミットサイクル法によるオートチューニングを行うことができます。

    • No:15624
    • 公開日時:2012/04/02 11:29

28件中 11 - 20 件を表示