• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 あ行 』 内のFAQ

100件中 51 - 60 件を表示

6 / 10ページ
  • アクセスサイクル

    ●シーケンサに関して狭義で、周辺機器や特殊機能ユニットがシーケンサCPUに対し、データの読出し書込みをするスキャンの回数を示す。 ●アクセスサイクルは1スキャンタイムとなる。

    • No:15073
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 位置決めデータ

    ●ユーザが位置決めするためのデータ。 ●パラメータを基本にして位置決めする点数分(アドレスの数)指定する。

    • No:15092
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アクセス子局

    ●マルチドロップリンクユニットのマルチドロップリンク機能において接続できる子局。 ●最大8局まででき、伝送する順位も設定できる。

    • No:15072
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • オンディレー動作

    入カ信号が0Nになると計時動作を開始し、設定時間経過後に出力信号が出る動作。

    • No:15126
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アラーム ステータス

    タグアラームの上上限警報(HH),上限警報(H),下限警報(L),下下限警報(LL)等の警報発生状態を示します。

    • No:15608
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • オフラインスイッチ

    シーケンサが動作中にON/OFFさせたくないコイルを強制的に切り離してしまう機能。

    • No:15123
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アンドン (Andon)

    生産ラインに異常が発生した場合、責任者に異常を知らせる情報伝達装置。

    • No:15088
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アナログ

    ●連続して変化する量。たとえば時間、温度、圧力、電圧、電流、流量など数字(ディジタル値)では扱いにくい値をいう。 ●アナログ値はシーケンサCPUで直接扱えないので、ディジタル値に変換して演算する。これをA/D変換という。

    • No:15078
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • アドレス

    ●メモリの番地。メモリはアドレスをもっており、そのアドレスを指定しデータの書込み、読出しを行う。 ●位置決めの際の目標の位置を示すための数値。単位はmm、インチ、角度またはパルス数で設定する。

    • No:15076
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • オートロギング

    あらかじめオートロギング設定を書き込んだコンパクトフラッシュカードを,稼動中の高速データロガーユニットに装着して,自動的にロギングを開始する機能です。

    • No:15626
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

100件中 51 - 60 件を表示