• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 アルファベット順 』 内のFAQ

221件中 41 - 50 件を表示

5 / 23ページ
  • AC-3級

    モータの通常の始動や停止を行う開閉責務(耐久性試験は定格使用電流の6倍閉路・1倍遮断)です。

    • No:18960
    • 公開日時:2015/07/13 09:50
    • カテゴリー: A
  • RLS 信号 (reverse limit signal)

    位置決め制御可能範囲の下限に設置したリミットスイッチ(b 接点構成とし通常は通電状態)が動作したことを知らせる入力信号。 RLS 信号がOFF(非導通)で位置決め動作が停止となる。

    • No:15809
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: R
  • DCS(Distributed Control System)

    マイクロコンピュータを用いた分散型デジタル制御システム。

    • No:15783
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: D
  • SFC (sequential function chart)

    機械の自動制御をシーケンサにより順序どおり運転させるためにもっとも適した構造化プログラミング方式。

    • No:15812
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: S
  • DC2/DC4制御

    ●通信制御方式の一つ。 ●相手機器から受信するDC2およびDC4のコードを制御コードとみなし、DC2とDC4の間に挾まれたコードをデータとする制御。

    • No:15484
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: D
  • RS-422インタフェース

    ●米国電子工業会(EIA)が規格化したもの。 ●RS-232Cと同じようなものであるが、1:n(n=1〜32)で通信でき、ケーブルの総廷長500m以内。 ●差動信号なのでノイズに強く、RS232Cより振幅電圧が低い(±2〜5V)。 ●通信速度は最高29KBPS。 ●多くの局と通信できるので、マルチドロップ...

    • No:15568
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: R
  • CPU共有メモリ

    CPU 共有メモリは、マルチCPU システムの各CPU ユニット間でデータの書込み/読出しを行うために、各CPU ユニットが内部に持っているメモリです。CPU 共有メモリには、下記の5種類があります。・ 自号機動作情報エリア・ システムエリア・ 自動リフレッシュエリア・ ユーザ自由エリア・ マルチCPU 間高速通...

    • No:15778
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー: C
  • Lレベル

    ●Lowレベル。 ●入出力の電圧が低い状態。 ●本当ならば0Vであるが、0から5Vを0Vと見なせば0から5VはLレベル。

    • No:15533
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: L
  • ROM

    ●Read Only Memory(ロム) ●読出し専用メモリを言う。EP-ROM、EEP-ROMなどがある。

    • No:15566
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: R
  • RS-232Cインタフェース

    ●RS-232Cは米国電子工業会(EIA)が決めた規格。 ●コネクタの25本のピンの寸法、名称、信号のタイミングなどをきめている。 ●電子機器間をつないで2進データを通信するときの規格としてJIS X 5101がある。 ●RS-232Cは、たとえばコンピュータとシーケンサが1:1で通信できる。 ●ノイズに...

    • No:15567
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー: R

221件中 41 - 50 件を表示