• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ら行 』 内のFAQ

76件中 21 - 30 件を表示

3 / 8ページ
  • 漏電警報装置

    電路に地絡を生じたとき、負荷機器、金属製外箱などに発生する故障電圧又は地絡電流を検出する部分と警報を発する部分とを組み合わせたものにより、自動的に音、光その他の方法により警報を発するものをいう。

    • No:19023
    • 公開日時:2015/08/03 10:00
    • カテゴリー:
  • リンクスキャン

    ●MELSECNETにおいてマスタ局のリンクリフレッシュが完了すると、そのデータを子局へ送るとともに子局の情報を取り込む動作をいう。 ●実際には1号局より1局づつ行っている。 ●ローカル局はリンクスキャンが終ると全局がリンクリフレッシュを行ってマスタ局の情報を取り込むとともに自局の情報をはき出す。 ●リモー...

    • No:15425
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ローカルラベル

    プログラムごとに使用するラベル。

    • No:18993
    • 公開日時:2015/07/27 09:40
    • カテゴリー:
  • リンクデータ

    データリンクにおいてリンクリフレッシュのときやりとりするデータ。

    • No:15426
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ラッチカウンタ機能

    カウンタ機能選択開始指令の信号が入力されたときのカウンタの現在値をバッファメモリに格納する機能。

    • No:15411
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • レシオメトリック方式

    A/D コンバータの基準電圧とロードセル入力信号の変動を比例させる方式。 A/D コンバータの基準電圧とロードセルに加える電圧を同一電源にすることで, 誤差を最小限に抑えます。

    • No:15764
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • リンクスキャンタイム

    ネットワークの各局が順番にデータを送信し,1 周するのに要する時間です。リンクスキャンタイムは,データ量やトランジェント伝送要求などにより変動します。

    • No:15753
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 冷接点補償

    熱電対入力において、基準側端子の周囲温度変化による測定誤差を少なくする為の補償です。熱電対による温度測定の場合、基準側端子を0℃に保持する必要がありますが、現実的には基準側端子を0℃に保持することが難しいため、周囲温度に相当する熱起電力を内部アンプに加算することで、0℃補正を行い誤差を少なくしています。

    • No:15767
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • リングカウンタ

    リングカウンタ上限値とリングカウンタ下限値の間で、繰り返しカウントを行うカウンタ。

    • No:15424
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • リンク間転送

    中継局において,マスタ局のリンクデバイスを他のネットワークユニットに転送します。

    • No:15755
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

76件中 21 - 30 件を表示