• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

用語解説

  • No : 15471
  • 公開日時 : 2012/03/02 17:12
  • 印刷

CRC

CRC
カテゴリー : 

回答

●Cyclic Redundancy Check(サイクリック符号方式または巡回冗長検査)

●データを伝送するときの誤りを検出する方式の一つ。 データに特別な処理を加えて誤りを検出するための情報を作り出して、この情報をデータの後につけて送信する。

●受信側では送信側と同様の処理を行って、同じ情報が得られるかどうかで伝送エラーを検出するもの。

●この方式はエラー検出のための情報を一文字ごとに付加するのではなく、データ単位で行うためデータ量が少なくて、エラー検出能力も高い。

アンケート:ご意見をお聞かせください