• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

用語解説

  • No : 15795
  • 公開日時 : 2012/04/02 11:29
  • 印刷

I動作

I動作
カテゴリー : 

回答

積分動作。偏差DV(測定値と設定値の差)をなくすように連続的に操作量を変化させる動作です。比例動作で生じるオフセットをなくすことができます。偏差が生じてから、積分動作による操作量が比例動作による操作量と等しくなるまでの時間を積分時間Tiといいます。

アンケート:ご意見をお聞かせください