• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

用語解説

  • No : 15168
  • 公開日時 : 2012/03/02 17:12
  • 印刷

光電スイッチ

光電スイッチ
カテゴリー : 

回答

●光線を照射して物体の有無を検出する装置。

●可視光線、赤外線などの“光”を、投光部から信号光として発射し、検出物体によって反射する光を受光部で検出(反射型)したり、しゃ光される光量の変化を受光部で検出(透過型・回帰反射型)し出力信号を得るものを言う。

●非接触検出であり、ほとんどの物体(ガラス、金属、プラスチック、木、液体など)が検出可能である。

●検出距離が長く(透過型で10m、反射型で1m、回帰反射型で50m程度)、応答性が高い(最大20μs程度)ため、様々な分野で利用されている。

●色の判別が可能なものもある。

アンケート:ご意見をお聞かせください