• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 41 - 50 件を表示

5 / 16ページ
  • 始動トルク

    定格周波数、定格電圧を印加し、モータの回転子がまさに回転しようとするときに発生する駆動トルク。

    • No:18918
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 常規使用状態

    標準使用状態に同じ。

    • No:18743
    • 公開日時:2015/06/15 09:40
    • カテゴリー:
  • システムラベル

    iQ Works対応製品との間で共有可能なラベル。

    • No:18996
    • 公開日時:2015/07/27 09:40
    • カテゴリー:
  • ソースロード、ソースタイプ

    ●トランジスタを使ったDC用の入出力形式。 ●ソース入力は、入力がONしたとき入力ユニットへ電源が流れ込む。 ●プラス側がコモン線であるため入力端子が事故でアースしてもONにならない。電圧入力ともいわれ、ヨーロッパに多い。 ●ソース入力は、ソース出力あるいは高信頼性の接点を接続する。

    • No:15247
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 実負荷試験

    効率を測定したい出力を発生している状態の効率を測定する方法。より実機に近い結果が得られる。

    • No:18920
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • サーマルセンサ

    サーボモータの温度上昇による焼損を保護するための装置

    • No:15180
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 始動時バイアス速度

    位置決めにおいて、機械の動きはじめは大きいトルクが必要であるが、ステッピングモータでは速度0でのトルクが不安定なことがあるので、最初からある速度でスタートすると円滑にできる。そのスタート時に設定する速度。

    • No:15207
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 速度周波数応答

    ●正弦波指令を与えたときにモータが指令に追従できる最大周波数。 ●指令の振幅に対してゲインが-3dbとなる周波数のこと。

    • No:15254
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ジャストインタイム (Just-In-Time)

    トヨタ生産方式の2本の柱の1つであり、変化に対応し、経営効率を高めるために、必要なものを必要な時に、必要な量だけ生産したり運搬したりする仕組みとその考え方をいう。平準化を前提とし、「後工程引き取り」「工程の流れ化」[必要数でタクトを決める」3つの基本原則としている。

    • No:15217
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 設計温度

    流量の温度圧力補正において、設計仕様温度と異なる温度で流量測定を行った場合、設計仕様温度での流量に換算するための補正が必要となります。設計温度とは、この場合の、設計仕様温度のことです。

    • No:15680
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

159件中 41 - 50 件を表示