• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 さ行 』 内のFAQ

159件中 11 - 20 件を表示

2 / 16ページ
  • 静電誘導ノイズ

    ●2本の電線の間には静電容量(浮遊容量)があるので、一方に電圧を加えると他の電線に電圧を発生させる。 ●2本の距離が近い程、また電圧がノイズのように高い周波数ほど発生する度合が大きい。 ●これを防くには、電線をできるだけ離す(太さの40倍以上)か、電線をシールドするとよい。 ●普通はシールドケーブルを使用し...

    • No:15233
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 絶対位置検出システム

    ●位置決めにおいて、機器の立上げ時に一度原点セットをしておけば、電源をOFFしても機械位置を位置決めユニットやサーボアンプが記憶していて現在位置を保持するシステム。 ●機械ズレが発生しても補正されるため、電源再投入後の原点復帰は必要がない。 ●このシステムの構成には絶対位置検出器付きサーボモータ、絶対位置検出...

    • No:15240
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • センターハイト

    モータの据付面から軸中心までの高さ。

    • No:18904
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 制御周期

    制御動作の周期。連続制御機能ブロックにおいて、入力処理などの動作は実行周期毎に起動されますが、PID制御演算は制御周期毎に起動されます(制御周期は実行周期の整数倍です)。制御周期が設定可能な命令には、PID,BPI,IPD,0NF2,ONF3,R,2PIDがあります。 (参考)制御周期(CT)の選定例 PID制...

    • No:15677
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • ジョグ送り

    手動で動作を行います。

    • No:18810
    • 公開日時:2015/06/29 09:50
    • カテゴリー:
  • サーボアンプ

    シーケンサや位置決めユニット、モーションコントローラなどの上位装置からの指令どおりにサーボモータを回転させるための制御装置。

    • No:15181
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サンプルPI制御

    無駄時間の大きいプロセスに連続的にPID制御を適用すると、操作量MVの効果を確認しないうちに次々とMVを更新する為、制御周期ごとに制御実行 時間だけPI制御を実行し、あとは出力を一定に保持しておく方法です。

    • No:15657
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 手動パルサ

    手でハンドルを回すことによってパルスを発生させる装置

    • No:15211
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • サンプリングトレース

    ●シーケンサプログラムの不具合や機械の不具合を発見しやすくした機能。 ●特定のデバイスのON/OFFやデータを指定スキャン回数分記憶しておき、周辺機器を使用してあとでモニタすることができる。 ●スキャン回数のほか、間隔時間を指定することもできる。

    • No:15195
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • ゼロドリフト

    温度によるゼロ点の変動分。

    • No:15674
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:

159件中 11 - 20 件を表示