• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 あ行 』 内のFAQ

100件中 21 - 30 件を表示

3 / 10ページ
  • エンコーダ

    ●入力されたデータをON、OFFに2進化する装置。パルスジェネレータなど。 ●サーボモータに取り付けられている、モータ軸回転角度や回転速度を検出するセンサ。検出器ともいう。アブソリュート方式、インクリメンタル方式がある。

    • No:15112
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • 位置決め完了信号

    ●位置決めドウェルタイムが終了したとき発生する信号。 ●この時点であらかじめ設定したタイマがスタートする。 ●この信号で位置決め後の別な作業(クランプするなど)のスタートとするのが目的。

    • No:15091
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • オートチューニング(サーボ)

    ●サーボでは、機械の特性(負荷慣性モーメント)をリアルタイムに推定し、その値に応じた最適なゲインを自動的に設定する機能のこと。

    • No:15115
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:
  • インラインST

    ラベルありプロジェクトのラダーエディタ内で,コイル相当命令の位置にST プログラムを表示するインラインST ボックスを作成し,編集/モニタする機能です。 これにより,ラダープログラム内で数値演算や文字列処理が簡単に作成できます。

    • No:15617
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 温度上昇限度

    モータのコイル部分の熱的に許容される温度。

    • No:18942
    • 公開日時:2015/07/06 09:40
    • カテゴリー:
  • 一次遅れフィルタ

    計測値PVのノイズ除去等のフィルタとして用います。一次遅れ演算を行います。 進み遅れ補償のプロセスFB(P_LLAG)が該当します

    • No:15621
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • オートモード(プロセス制御)

    HMI画面から設定した設定値(SV)により制御するモードです。

    • No:15625
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • 温度圧力補正

    オリフィスなどの絞り機構により差圧測定をした流体の条件(温度,圧力)が設計条件と異なる場合,補正が必要になります。 測定値にこの温度圧力補正係数を乗ずることで補正を行います。 なお,オリフィスなどの絞り機構の場合,補正により得られた値は流量の2乗になっているため,開平演算と組み合わせて用います。

    • No:15632
    • 公開日時:2012/04/02 11:29
    • カテゴリー:
  • インチング (寸動運転)

    寸動またはジョギングともいい、モータのちょい廻し等始動電流の開閉を頻繁に行うことです。

    • No:18966
    • 公開日時:2015/07/13 09:50
    • カテゴリー:
  • オフ電圧

    リレーのコイルの電圧を徐々に下げたとき、ONしている接点が復帰(OFF)する電圧。

    • No:15122
    • 公開日時:2012/03/02 17:12
    • カテゴリー:

100件中 21 - 30 件を表示